tent

LINE UP

プラマイゼロ
 
プラマイゼロ

プラマイゼロ(勝井祐二+マロン+山本達久)
 
勝井祐二 violin
マロン guitar 
山本達久 drum 
  
【メンバー】
 
●勝井祐二(音楽家/ヴァイオリニスト)
ROVO . KOMA . TWIN TAIL . DRAMATICS . 勝井祐二 × U-zhaan . FISHMANS . などのバンドやユニットと、ソロや様々な音楽家との即興演奏で、エレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける第一人者。
「1991-1992 JAPAN - UK Festival」の中心展示「VISIONS OF JAPAN」(Victoria and Albert Museum)のサウンド・ディレクターを務め、渡英。帰国後、日本最初期のレイヴ・パーティー「WATER」をオーガナイズする。
96年、山本精一と「ROVO」結成。バンド編成のダンスミュージックで、90~00年代以降のオルタナティブ~野外フェスティバルのシーンを牽引した。 02年に初来日したファナ・モリーナ、フェルナンド・カブサッキとの共演を機にアルゼンチンの新しい音楽シーンと交流を深める。
09年には、サイケデリック・ロック・バンド「GONG」の結成40周年を記念したアルバム「2032」に、スティーブ・ヒレッジと共に参加。以後、「SYSTEM 7」のアルバムにも参加するなどの交流を続けている。
2013年「ROVO and SYSTEM 7」名義で「Phoenix Rising LP」を世界発売。 2013~2014年にかけて、アジア~ヨーロッパツアーを行い、フジロックフェスティバル'14に凱旋。
 
●マロン
ex.BO GUMBOSとのAQUABOMB結成、脱退後、marron aka dubmarronics名義でのソロをはじめ、dubdub on-seng,Based On Kyoto, プラマイゼロ,だててんりゅう,deadmarronicsで活動。
ストラトキャスターと無数のエフェクトペダルを駆使し、 フロアを多幸感で包み込む音のコズミックシャワーは唯一無比。 国内はもとより、Animal Collective,Gang Gang Dance,Recloose,Maft Sai等、 海外のミュージシャン、DJからも支持を受ける。 ナイスフォースでお馴染みの音楽自由人。
 
 
●山本達久
1982年10月25日生。drummer。 2007年まで地元山口県防府市bar印度洋を拠点に、様々な音楽活動と並行して様々なイベントのオーガナイズをするなど精力的に活動し、基本となる音楽観、人生観などの礎を築く。
現在では、ソロや即興演奏を軸に、Jim O'rourke/石橋英子/須藤俊明との様々な活動をはじめ、オハナミ、カフカ鼾、石橋英子ともう死んだ人たち、前野健太とソープランダーズ、坂田明4、NATSUMEN、石原洋withFRIENDSなどのバンド活動多数。
ex.芸害。 青葉市子、UA、カヒミ・カリィ、木村カエラ、柴田聡子、七尾旅人、長谷川健一、phew、ヤマジカズヒデ、山本精一、Gofishなど歌手の録音、ライブサポート多数。 演劇の生伴奏・音楽担当として、SWANNY、マームとジプシーなど、主に都内を中心に活動。 2011年、ロンドンのバービカンセンターにソロパフォーマンスとして招聘されるなど、海外公演、録音物も多数。